プロフィール

Tigger21

Author:Tigger21
操縦技術はいつまでたっても向上しないラジコン飛行機大好きおやじですが、修理技術だけは上達しています。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RC飛行機 怒濤のEP編(改)
ラジコン飛行機大好きおやじの日々がだらだらと書き綴られています。 スケール機から水上機、ファンフライ機やグライダーと飛行機と名の付く物はとりあえず挑戦しています。 (2010年にお引っ越ししました。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIDY 180の製作 (2)
組み立て説明書と図面をひととおり読んで、自分なりに理解してから
組み立て作業に入ります。

組み立て説明書だけではよく解らない部分も、パーツ図面などと合わせ読むと
きちんと理解できるようになっています。

まずは胴体から始めます。
1mmスチレンペーパーシートの各パーツは綺麗に切り込みが入っているので
難なく外すことが出来ます。
スチレンペーパーは裏表があり、少しざらつきがあるほうが裏ですが見た目は
ほとんど解りません。
そのため、切り出したパーツの裏が解るように、また左右のパーツを間違える
ことがないようにパーツの裏に印やR、Lなどの記号を書き込んでおくと良い
と思います。
胴体の側板は強度を持たせるために、部分的に4枚重ねで作ります。

接着剤については説明書にも記載されていますが、私は3つの接着剤を使って
製作しています。
モータマウントや脚部分など強度が必要なPPパーツ類はスコッチの他用途用を、
スチレンペーパを接着するのに接着範囲に応じてコニシのGPクリアと発泡用の
接着剤を使っています。
midy01.jpg

右側板にモータマウントや脚などを接着したのちに他方の側板を接着します。
特に難しいところはないのでサクサクと出来てしまいますが、万一、接着場所を
間違うと修正が絶望的に難しくなると思うので、パーツひとつづつ、図面を確認
しながら慎重に作業を進めるほうが結果的に早道になるかと..。
midy02.jpg

左右の側板を合わせるとほぼ胴体の形が見えてきます。
この際も左右の歪みがでないように注意する必要がありますが、各パーツが
きちんと接着できていれば歪み無く綺麗に出来上がります。
コクピット内を黒く塗るように説明書に指示があったので手持ちの水性塗料
で手塗りしました。
ちょっとムラになっちゃいましたが、なるほど締まった感じになってよい雰囲気
です。 ムフフ
キットはこうして少しずつ形になっていくのが楽しいですよね。
MIDY03.jpg

つーことで、このあとは上板、下板を接着し、ハッチを作れば胴体はほぼ完成かな。
よーし、次は主翼だぁ!
スポンサーサイト

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rcplane.blog100.fc2.com/tb.php/143-fea614b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。