プロフィール

Tigger21

Author:Tigger21
操縦技術はいつまでたっても向上しないラジコン飛行機大好きおやじですが、修理技術だけは上達しています。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RC飛行機 怒濤のEP編(改)
ラジコン飛行機大好きおやじの日々がだらだらと書き綴られています。 スケール機から水上機、ファンフライ機やグライダーと飛行機と名の付く物はとりあえず挑戦しています。 (2010年にお引っ越ししました。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハニービー2の修理(22.12.9)
日曜のフライトで機体を遠くにやりすぎて機体の姿勢が良く変わらず
横向きにハードランディング(クラッシュとも言う)させてしまい、一部のパーツ
を破損してしまいました。


syuri1.jpg
壊れたのはセンターハブと呼ばれるロータのヘッドを固定させる部分です。
このパーツを壊したのは初めてなので、ちゃんと交換できるかどうかちょっと不安
でしたが...


syuri2.jpg
分解図を見てもよくワカラナッタので現物をしばし観察し、作業開始。
パドルとフライバーをパドルのコントロールフレームから外し、各ボールリンクを
外した後、センターハブを止めているピンを外せばセンターハブがメインシャフトから
抜けてこのような状態になります。
メインシャフトに空いている穴(矢印)がセンターハブを止めるピンの位置です。
このピンの抜き差しを慎重にする必要がありますが、その他は特に難しい作業はありません
でした。


syuri3.jpg
左(丸印)が破損した部分で 左にドライバーに乗っているのが新しいセンターハブです。
右下に写っているのが固定用のピンですが、細くて華奢なので抜き差しは丁寧にしないと
簡単に曲がってしまいそうです。
ちなみにこのピンはセンターハブの部品に含まれておらず、パドルコントロールフレームの
部品の一部として販売されています。


syuri4.jpg
あとは逆順に組み立てていけばいいだけです。ただし、リンクやバランスなど一つ一つ確認
しながら慎重に作業を進めていったほうがいいでしょう。
手で回転させながらそれぞれの動きをチェックした後、バッテリー接続してサーボの動きや
ロータ回転を確認しました。
試しに部屋で少し浮かせましたが、問題なさそうです。
ヘリの場合は修理というより部品交換がほとんどでしょうが、それでも一応自分の手で復活
させたという満足感があります。
この機体の部品は安価なので今のところ助かっていますが、この先お金がかからぬよう今の
うちに基礎を十分に練習していきたいと思います。
同時に修理(部品交換)の回数も増えていきそうですが...
スポンサーサイト

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rcplane.blog100.fc2.com/tb.php/89-85a1bd55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。